2005年12月19日

案外作りこまれているので、ついつい覗き読みしてしまう。


みなさまは「ゲーム脳」というものをご存知でしょうか?今年になってかなり表舞台に出てきたのでご存知の方も多いと思いますので、簡単にいってしまうとちょいとそこの旦那!ゲームばっかりやっていると、脳に悪影響が及びお馬鹿さんになっちゃいますよ説



こう書いてしまうとちょっとアレですが、実際にはこのゲーム脳に関する研究結果はかなり矛盾している、あるいは論理的とは呼べない点などが多く、一概にゲーム=バカ製造機という結論には至っていません。今のところ、ネットの世界などで「ゆとり教育」と並んでちょっと我々の斜め上を行く発想の持ち主を揶揄するスラングとして用いられてたりする言葉筆頭といったところでしょうか(使用例:これがゲーム脳か・・・)。



ゲーム脳の是非はともかくとして、6、7歳あたりから約15年間TVゲームと接してきている私としてはこの言葉を初めて聞いた時はそんなん今更言うなよ!ホントだったら私もう手遅れじゃん!みたいな感想を持ったものです。だからといってゲームを止めるつもりは毛頭ございませんが。



しかし、ちょうどこの前近所のゲーセンでなんとなく「あれ、もしかして私ってゲーム脳?ていうかバカ?」と思えることをやらかしてしまいました。それはちょうど私がKOF]Tをプレイしていて、3ステージ目が終わって4ステージ目に移行している間に一息ついていたときのことでした・・・・・・











































無意識に眺めていた隣りのメルブラのセリフデモを進めようとAボタンをしばらく連打していて、結局試合開始の合図後にその場でパンチを出しながらCPUにボコられている自キャラに気付いたのは。



posted by あびす | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10909351
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。